SublimeText3でURLをダブルクリックした時にそのURLを開くようにする

忘れやすいのでメモ。

  • Command + Shift + P
  • install と入力し Enter
  • Clickable URLs を選択しEnter ->インストールが完了したら次のStepへ
  • Sublime Text -> Preferences -> Package Settings -> Clickable URLs -> Mouse Bindings – User
  • 下記のコードを入力しSave

以上。

いろいろupgradeしてみた

簡単にまとめると
・Fedora 23 -> 26
・PHP 5.6 -> 7.1
・Python 2.7 -> 3.6

PHPはWordpressでも利用しているため、結構、コードを修正する必要があった。
new文の & を消し
eregi関数がなくなったのでpreg関数に書き換え

Pythonはencode, decodeを使ってたところを修正
pip installも pip3 installでやりなおし
print “hogehoge”を print(“hogehoge”)に修正
crontabのjobは /bin/python3を付けてpython3で実行させるように修正

などなど、いろいろとハマったけど、勉強になったし、今どきな環境になったのでヨシとしよう。

Emoji test

😀 😃 😄 😁 😆 😅 😂 🤣 ☺️ 😊 😇 🙂 🙃 😉 😌 😍 😘 😗 😙 😚 😋 😜 😝 😛 🤑 🤗 🤓 😎 🤡 🤠 😏 😒 😞 😔 😟 😕 🙁 ☹️ 😣 😖 😫 😩 😤 😠 😡 😶 😐 😑 😯 😦 😧 😮 😲 😵 😳 😱 😨 😰 😢 😥 🤤 😭 😓 😪 😴 🙄 🤔 🤥 😬 🤐 🤢 🤧 😷 🤒 🤕 😈 👿 👹 👺 💩 👻 💀 ☠️ 👽 👾 🤖 🎃 😺 😸 😹 😻 😼 😽 🙀 😿 😾 👐 🙌 👏 🙏 🤝 👍 👎 👊 ✊ 🤛 🤜 🤞 ✌️ 🤘 👌 👈 👉 👆 👇 ☝️ ✋ 🤚 🖐 🖖 👋 🤙 💪 🖕 ✍️ 🤳 💅 🖖 💄 💋 👄 👅 👂 👃 👣 👁 👀 🗣 👤 👥 👶 👦 👧 👨 👩 👱‍♀️ 👱 👴 👵 👲 👳‍♀️ 👳 👮‍♀️ 👮 👷‍♀️ 👷 💂‍♀️ 💂 🕵️‍♀️ 🕵️ 👩‍⚕️ 👨‍⚕️ 👩‍🌾 👨‍🌾 👩‍🍳 👨‍🍳 👩‍🎓 👨‍🎓 👩‍🎤 👨‍🎤 👩‍🏫 👨‍🏫 👩‍🏭 👨‍🏭 👩‍💻 👨‍💻 👩‍💼 👨‍💼 👩‍🔧 👨‍🔧 👩‍🔬 👨‍🔬 👩‍🎨 👨‍🎨 👩‍🚒 👨‍🚒 👩‍✈️ 👨‍✈️ 👩‍🚀 👨‍🚀 👩‍⚖️ 👨‍⚖️ 🤶 🎅 👸 🤴 👰 🤵 👼 🤰 🙇‍♀️ 🙇 💁 💁‍♂️ 🙅 🙅‍♂️ 🙆 🙆‍♂️ 🙋 🙋‍♂️ 🤦‍♀️ 🤦‍♂️ 🤷‍♀️ 🤷‍♂️ 🙎 🙎‍♂️ 🙍 🙍‍♂️ 💇 💇‍♂️ 💆 💆‍♂️ 🕴 💃 🕺 👯 👯‍♂️ 🚶‍♀️ 🚶 🏃‍♀️ 🏃 👫 👭 👬 💑 👩‍❤️‍👩 👨‍❤️‍👨 💏 👩‍❤️‍💋‍👩 👨‍❤️‍💋‍👨 👪 👨‍👩‍👧 👨‍👩‍👧‍👦 👨‍👩‍👦‍👦 👨‍👩‍👧‍👧 👩‍👩‍👦 👩‍👩‍👧 👩‍👩‍👧‍👦 👩‍👩‍👦‍👦 👩‍👩‍👧‍👧 👨‍👨‍👦 👨‍👨‍👧 👨‍👨‍👧‍👦 👨‍👨‍👦‍👦 👨‍👨‍👧‍👧 👩‍👦 👩‍👧 👩‍👧‍👦 👩‍👦‍👦 👩‍👧‍👧 👨‍👦 👨‍👧 👨‍👧‍👦 👨‍👦‍👦 👨‍👧‍👧 👚 👕 👖 👔 👗 👙 👘 👠 👡 👢 👞 👟 👒 🎩 🎓 👑 ⛑ 🎒 👝 👛 👜 💼 👓 🕶 🌂 ☂️
🐶 🐱 🐭 🐹 🐰 🦊 🐻 🐼 🐨 🐯 🦁 🐮 🐷 🐽 🐸 🐵 🙊 🙉 🙊 🐒 🐔 🐧 🐦 🐤 🐣 🐥 🦆 🦅 🦉 🦇 🐺 🐗 🐴 🦄 🐝 🐛 🦋 🐌 🐚 🐞 🐜 🕷 🕸 🐢 🐍 🦎 🦂 🦀 🦑 🐙 🦐 🐠 🐟 🐡 🐬 🦈 🐳 🐋 🐊 🐆 🐅 🐃 🐂 🐄 🦌 🐪 🐫 🐘 🦏 🦍 🐎 🐖 🐐 🐏 🐑 🐕 🐩 🐈 🐓 🦃 🕊 🐇 🐁 🐀 🐿 🐾 🐉 🐲 🌵 🎄 🌲 🌳 🌴 🌱 🌿 ☘️ 🍀 🎍 🎋 🍃 🍂 🍁 🍄 🌾 💐 🌷 🌹 🥀 🌻 🌼 🌸 🌺 🌎 🌍 🌏 🌕 🌖 🌗 🌘 🌑 🌒 🌓 🌔 🌚 🌝 🌞 🌛 🌜 🌙 💫 ⭐️ 🌟 ✨ ⚡️ 🔥 💥 ☄️ ☀️ 🌤 ⛅️ 🌥 🌦 🌈 ☁️ 🌧 ⛈ 🌩 🌨 ☃️ ⛄️ ❄️ 🌬 💨 🌪 🌫 🌊 💧 💦 ☔️
🍏 🍎 🍐 🍊 🍋 🍌 🍉 🍇 🍓 🍈 🍒 🍑 🍍 🥝 🥑 🍅 🍆 🥒 🥕 🌽 🌶 🥔 🍠 🌰 🥜 🍯 🥐 🍞 🥖 🧀 🥚 🍳 🥓 🥞 🍤 🍗 🍖 🍕 🌭 🍔 🍟 🥙 🌮 🌯 🥗 🥘 🍝 🍜 🍲 🍥 🍣 🍱 🍛 🍚 🍙 🍘 🍢 🍡 🍧 🍨 🍦 🍰 🎂 🍮 🍭 🍬 🍫 🍿 🍩 🍪 🥛 🍼 ☕️ 🍵 🍶 🍺 🍻 🥂 🍷 🥃 🍸 🍹 🍾 🥄 🍴 🍽
⚽️ 🏀 🏈 ⚾️ 🎾 🏐 🏉 🎱 🏓 🏸 🥅 🏒 🏑 🏏 ⛳️ 🏹 🎣 🥊 🥋 ⛸ 🎿 ⛷ 🏂 🏋️‍♀️ 🏋️ 🤺 🤼‍♀️ 🤼‍♂️ 🤸‍♀️ 🤸‍♂️ ⛹️‍♀️ ⛹️ 🤾‍♀️ 🤾‍♂️ 🏌️‍♀️ 🏌️ 🏄‍♀️ 🏄 🏊‍♀️ 🏊 🤽‍♀️ 🤽‍♂️ 🚣‍♀️ 🚣 🏇 🚴‍♀️ 🚴 🚵‍♀️ 🚵 🎽 🏅 🎖 🥇 🥈 🥉 🏆 🏵 🎗 🎫 🎟 🎪 🤹‍♀️ 🤹‍♂️ 🎭 🎨 🎬 🎤 🎧 🎼 🎹 🥁 🎷 🎺 🎸 🎻 🎲 🎯 🎳 🎮 🎰
🚗 🚕 🚙 🚌 🚎 🏎 🚓 🚑 🚒 🚐 🚚 🚛 🚜 🛴 🚲 🛵 🏍 🚨 🚔 🚍 🚘 🚖 🚡 🚠 🚟 🚃 🚋 🚞 🚝 🚄 🚅 🚈 🚂 🚆 🚇 🚊 🚉 🚁 🛩 ✈️ 🛫 🛬 🚀 🛰 💺 🛶 ⛵️ 🛥 🚤 🛳 ⛴ 🚢 ⚓️ 🚧 ⛽️ 🚏 🚦 🚥 🗺 🗿 🗽 ⛲️ 🗼 🏰 🏯 🏟 🎡 🎢 🎠 ⛱ 🏖 🏝 ⛰ 🏔 🗻 🌋 🏜 🏕 ⛺️ 🛤 🛣 🏗 🏭 🏠 🏡 🏘 🏚 🏢 🏬 🏣 🏤 🏥 🏦 🏨 🏪 🏫 🏩 💒 🏛 ⛪️ 🕌 🕍 🕋 ⛩ 🗾 🎑 🏞 🌅 🌄 🌠 🎇 🎆 🌇 🌆 🏙 🌃 🌌 🌉 🌁
🚗 🚕 🚙 🚌 🚎 🏎 🚓 🚑 🚒 🚐 🚚 🚛 🚜 🛴 🚲 🛵 🏍 🚨 🚔 🚍 🚘 🚖 🚡 🚠 🚟 🚃 🚋 🚞 🚝 🚄 🚅 🚈 🚂 🚆 🚇 🚊 🚉 🚁 🛩 ✈️ 🛫 🛬 🚀 🛰 💺 🛶 ⛵️ 🛥 🚤 🛳 ⛴ 🚢 ⚓️ 🚧 ⛽️ 🚏 🚦 🚥 🗺 🗿 🗽 ⛲️ 🗼 🏰 🏯 🏟 🎡 🎢 🎠 ⛱ 🏖 🏝 ⛰ 🏔 🗻 🌋 🏜 🏕 ⛺️ 🛤 🛣 🏗 🏭 🏠 🏡 🏘 🏚 🏢 🏬 🏣 🏤 🏥 🏦 🏨 🏪 🏫 🏩 💒 🏛 ⛪️ 🕌 🕍 🕋 ⛩ 🗾 🎑 🏞 🌅 🌄 🌠 🎇 🎆 🌇 🌆 🏙 🌃 🌌 🌉 🌁
⌚️ 📱 📲 💻 ⌨️ 🖥 🖨 🖱 🖲 🕹 🗜 💽 💾 💿 📀 📼 📷 📸 📹 🎥 📽 🎞 📞 ☎️ 📟 📠 📺 📻 🎙 🎚 🎛 ⏱ ⏲ ⏰ 🕰 ⌛️ ⏳ 📡 🔋 🔌 💡 🔦 🕯 🗑 🛢 💸 💵 💴 💶 💷 💰 💳 💎 ⚖️ 🔧 🔨 ⚒ 🛠 ⛏ 🔩 ⚙️ ⛓ 🔫 💣 🔪 🗡 ⚔️ 🛡 🚬 ⚰️ ⚱️ 🏺 🔮 📿 💈 ⚗️ 🔭 🔬 🕳 💊 💉 🌡 🚽 🚰 🚿 🛁 🛀 🛎 🔑 🗝 🚪 🛋 🛏 🛌 🖼 🛍 🛒 🎁 🎈 🎏 🎀 🎊 🎉 🎎 🏮 🎐 ✉️ 📩 📨 📧 💌 📥 📤 📦 🏷 📪 📫 📬 📭 📮 📯 📜 📃 📄 📑 📊 📈 📉 🗒 🗓 📆 📅 📇 🗃 🗳 🗄 📋 📁 📂 🗂 🗞 📰 📓 📔 📒 📕 📗 📘 📙 📚 📖 🔖 🔗 📎 🖇 📐 📏 📌 📍 📌 🎌 🏳️ 🏴 🏁 🏳️‍🌈 ✂️ 🖊 🖋 ✒️ 🖌 🖍 📝 ✏️ 🔍 🔎 🔏 🔐 🔒 🔓
❤️ 💛 💚 💙 💜 🖤 💔 ❣️ 💕 💞 💓 💗 💖 💘 💝 💟 ☮️ ✝️ ☪️ 🕉 ☸️ ✡️ 🔯 🕎 ☯️ ☦️ 🛐 ⛎ ♈️ ♉️ ♊️ ♋️ ♌️ ♍️ ♎️ ♏️ ♐️ ♑️ ♒️ ♓️ 🆔 ⚛️ 🉑 ☢️ ☣️ 📴 📳 🈶 🈚️ 🈸 🈺 🈷️ ✴️ 🆚 💮 🉐 ㊙️ ㊗️ 🈴 🈵 🈹 🈲 🅰️ 🅱️ 🆎 🆑 🅾️ 🆘 ❌ ⭕️ 🛑 ⛔️ 📛 🚫 💯 💢 ♨️ 🚷 🚯 🚳 🚱 🔞 📵 🚭 ❗️ ❕ ❓ ❔ ‼️ ⁉️ 🔅 🔆 〽️ ⚠️ 🚸 🔱 ⚜️ 🔰 ♻️ ✅ 🈯️ 💹 ❇️ ✳️ ❎ 🌐 💠 Ⓜ️ 🌀 💤 🏧 🚾 ♿️ 🅿️ 🈳 🈂️ 🛂 🛃 🛄 🛅 🚹 🚺 🚼 🚻 🚮 🎦 📶 🈁 🔣 ℹ️ 🔤 🔡 🔠 🆖 🆗 🆙 🆒 🆕 🆓 0️⃣ 1️⃣ 2️⃣ 3️⃣ 4️⃣ 5️⃣ 6️⃣ 7️⃣ 8️⃣ 9️⃣ 🔟 🔢 #️⃣ *️⃣ ▶️ ⏸ ⏯ ⏹ ⏺ ⏭ ⏮ ⏩ ⏪ ⏫ ⏬ ◀️ 🔼 🔽 ➡️ ⬅️ ⬆️ ⬇️ ↗️ ↘️ ↙️ ↖️ ↕️ ↔️ ↪️ ↩️ ⤴️ ⤵️ 🔀 🔁 🔂 🔄 🔃 🎵 🎶 ➕ ➖ ➗ ✖️ 💲 💱 ™️ ©️ ®️ 〰️ ➰ ➿ 🔚 🔙 🔛 🔝 ✔️ ☑️ 🔘 ⚪️ ⚫️ 🔴 🔵 🔺 🔻 🔸 🔹 🔶 🔷 🔳 🔲 ▪️ ▫️ ◾️ ◽️ ◼️ ◻️ ⬛️ ⬜️ 🔈 🔇 🔉 🔊 🔔 🔕 📣 📢 👁‍🗨 💬 💭 🗯 ♠️ ♣️ ♥️ ♦️ 🃏 🎴 🀄️ 🕐 🕑 🕒 🕓 🕔 🕕 🕖 🕗 🕘 🕙 🕚 🕛 🕜 🕝 🕞 🕟 🕠 🕡 🕢 🕣 🕤 🕥 🕦 🕧
🏳️ 🏴 🏁 🚩 🏳️‍🌈 🇦🇫 🇦🇽 🇦🇱 🇩🇿 🇦🇸 🇦🇩 🇦🇴 🇦🇮 🇦🇶 🇦🇬 🇦🇷 🇦🇲 🇦🇼 🇦🇺 🇦🇹 🇦🇿 🇧🇸 🇧🇭 🇧🇩 🇧🇧 🇧🇾 🇧🇪 🇧🇿 🇧🇯 🇧🇲 🇧🇹 🇧🇴 🇧🇦 🇧🇼 🇧🇷 🇮🇴 🇻🇬 🇧🇳 🇧🇬 🇧🇫 🇧🇮 🇰🇭 🇨🇲 🇨🇦 🇮🇨 🇨🇻 🇧🇶 🇰🇾 🇨🇫 🇹🇩 🇨🇱 🇨🇳 🇨🇽 🇨🇨 🇨🇴 🇰🇲 🇨🇬 🇨🇩 🇨🇰 🇨🇷 🇨🇮 🇭🇷 🇨🇺 🇨🇼 🇨🇾 🇨🇿 🇩🇰 🇩🇯 🇩🇲 🇩🇴 🇪🇨 🇪🇬 🇸🇻 🇬🇶 🇪🇷 🇪🇪 🇪🇹 🇪🇺 🇫🇰 🇫🇴 🇫🇯 🇫🇮 🇫🇷 🇬🇫 🇵🇫 🇹🇫 🇬🇦 🇬🇲 🇬🇪 🇩🇪 🇬🇭 🇬🇮 🇬🇷 🇬🇱 🇬🇩 🇬🇵 🇬🇺 🇬🇹 🇬🇬 🇬🇳 🇬🇼 🇬🇾 🇭🇹 🇭🇳 🇭🇰 🇭🇺 🇮🇸 🇮🇳 🇮🇩 🇮🇷 🇮🇶 🇮🇪 🇮🇲 🇮🇱 🇮🇹 🇯🇲 🇯🇵 🎌 🇯🇪 🇯🇴 🇰🇿 🇰🇪 🇰🇮 🇽🇰 🇰🇼 🇰🇬 🇱🇦 🇱🇻 🇱🇧 🇱🇸 🇱🇷 🇱🇾 🇱🇮 🇱🇹 🇱🇺 🇲🇴 🇲🇰 🇲🇬 🇲🇼 🇲🇾 🇲🇻 🇲🇱 🇲🇹 🇲🇭 🇲🇶 🇲🇷 🇲🇺 🇾🇹 🇲🇽 🇫🇲 🇲🇩 🇲🇨 🇲🇳 🇲🇪 🇲🇸 🇲🇦 🇲🇿 🇲🇲 🇳🇦 🇳🇷 🇳🇵 🇳🇱 🇳🇨 🇳🇿 🇳🇮 🇳🇪 🇳🇬 🇳🇺 🇳🇫 🇰🇵 🇲🇵 🇳🇴 🇴🇲 🇵🇰 🇵🇼 🇵🇸 🇵🇦 🇵🇬 🇵🇾 🇵🇪 🇵🇭 🇵🇳 🇵🇱 🇵🇹 🇵🇷 🇶🇦 🇷🇪 🇷🇴 🇷🇺 🇷🇼 🇼🇸 🇸🇲 🇸🇦 🇸🇳 🇷🇸 🇸🇨 🇸🇱 🇸🇬 🇸🇽 🇸🇰 🇸🇮 🇬🇸 🇸🇧 🇸🇴 🇿🇦 🇰🇷 🇸🇸 🇪🇸 🇱🇰 🇧🇱 🇸🇭 🇰🇳 🇱🇨 🇵🇲 🇻🇨 🇸🇩 🇸🇷 🇸🇿 🇸🇪 🇨🇭 🇸🇾 🇹🇼 🇹🇯 🇹🇿 🇹🇭 🇹🇱 🇹🇬 🇹🇰 🇹🇴 🇹🇹 🇹🇳 🇹🇷 🇹🇲 🇹🇨 🇹🇻 🇻🇮 🇺🇬 🇺🇦 🇦🇪 🇬🇧 🇺🇸 🇺🇾 🇺🇿 🇻🇺 🇻🇦 🇻🇪 🇻🇳 🇼🇫 🇪🇭 🇾🇪 🇿🇲 🇿🇼
🤣 🤠 🤡 🤥 🤤 🤢 🤧 🤴 🤶 🤵 🤷 🤦 🤰 🕺 🤳 🤞 🤙 🤛 🤜 🤚 🤝 🖤 🦍 🦊 🦌 🦏 🦇 🦅 🦆 🦉 🦎 🦈 🦐 🦑 🦋 🥀 🥝 🥑 🥔 🥕 🥒 🥜 🥐 🥖 🥞 🥓 🥙 🥚 🥘 🥗 🥛 🥂 🥃 🥄 🛑 🛴 🛵 🛶 🥇 🥈 🥉 🥊 🥋 🤸 🤼 🤽 🤾 🤺 🥅 🤹 🥁 🛒

Macで画面を分割

最近、外出する機会が増え、隙間時間にMacで作業を行う。
自宅で作業する時はトリプルモニターな環境なので不自由はしないが、一枚の画面だとどうしても効率が低下してしまう。
何とかならないものかと思い調べてみるとMacには標準でSplit Viewという機能がついている。
しかし、以下の点が気に入らない。

  • ・画面を上下に分割できない
  • ・ショートカットキーを用いて画面分割することができない

調べてみたところ、良いソフトを見つけることができたのでメモしておく。

ShiftIt
https://github.com/fikovnik/ShiftIt/releases

Rubyを基本からやり直した

Rubyを久しぶりに書くことになり、不安だったのでドットインストールでおさらいすることにした。その時のメモをここに書いておく。
ドットインストール Ruby入門(全23回) http://dotinstall.com/lessons/basic_ruby_v2

#変数:データにつけるラベル(英小文字から始まる)
#定数:変更されないデータにつけるラベル(英大文字から始まる。通例として全て大文字とする)

#データ(Rubyのデータは全てオブジェクト。いろんな便利な命令が詰まったデータ型。)
# – メソッド(便利な命令。クラスで定義されている。クラスはオブジェクトの設計図のようなもの。
#全てのデータは何らかのクラスに属している。公式サイトから見ることができる。 http://ruby-doc.org/core-2.0.0/#class-index

#数値オブジェクト-Numericクラスで定義

#文字列オブジェクト-Stringクラスで定義

# ! 破壊的メソッド
# ? 真偽値を返すメソッド

#配列オブジェクト-Arrayクラスで定義

#ハッシュ-Hashクラスで定義(配列と同じように複数の値を管理できる。配列と違い識別子であるkeyを付けることができる)

#オブジェクトの変換

# %記法(エスケープシーケンスを書かなくて済む)

#条件分岐 if文

#真偽値と条件演算子

条件分岐 case文

#繰り返し処理 times、while、break、next

#繰り返し処理 for、each

#関数的メソッド-自分でメソッドを作る方法

#クラスの作り方

#クラスの継承(性質を受け継ぎつつ、少し違ったクラスを作成する)

アクセサ(getter, setter)の使い方(インスタンス変数に外部からアクセスする)

#Timeクラス(時間計算などに使える)

MacBook Air (13-inch, Mid 2012)の内蔵 無線LANモジュールを換装してみた

今回無線LANモジュールを換装しようと思ったきっかけはプロバイダーにてフレッツ設備の増速工事に伴うメンテナンスが行われて回線速度が大幅にSpeed upしたからです。回線速度の結果はこちら。
Ethernet(有線LAN)で下り514Mbpsということで、メンテナンスが行われる前と比較して3倍速になりました。

ここまで来るとWi-Fi(無線LAN)の環境もupgradeしないと折角の回線も宝の持ち腐れとなってしまいます。

そこで、まずは無線LANルーターを買い換えました。今まで使っていた無線ルーターはこちらです。

そして現在使っている無線LANルーターはこちらです。

無線LANルーターの機種選定には悩みましたが、今まで使っていたBuffaloのWZR-600DHPはたまにハングアップして機能しなくなったりして困っていたということ、Wi-Fi接続するデバイスが年々増加しており、今後もその傾向は変わらないだろうし、この機会に最上位モデルを購入しておけば、しばらくは買い替えなくても済むだろうということでNETGEARのNighthawk X6 R8000-100JPSに決めました。

そして、私の使っているMacBook Airは13-inch, Mid 2012です。このモデルの場合、新しく購入した無線LANルーターのパフォーマンスを最大限有効利用することができません。なぜなら、下記の通りWi-Fiの規格であるIEEE 802.11 a/b/g/nにしか対応していないからです。より上位の規格であるIEEE 802.11acに対応させるためには内蔵無線LANモジュールを換装する必要があります。

無線LANモジュール換装前(IEEE 802.11nでの接続時)の回線速度はこちらです。

今回は無線LANモジュールを下記のものに交換しました。

その際にMacBook Airを分解するための専用ドライバー(五つ星型ドライバー)が必要となりますので、こちらを購入しました。

また内部の分解に六つ星型レンチが必要となりますので、こちらも購入しました。

さぁ、早速手術開始です。ドライバーで裏フタのネジを外します。
IMG_0471

開けてびっくり!汚なっ!ついでにキレイに掃除します。
IMG_0472

無線LANモジュールはこいつです!
IMG_0473

六つ星型レンチで無線LANモジュールを固定しているネジを外します。
IMG_0474

無線LANモジュールを取り替えます。そもそも大きさが異なるのでアンテナの配線で苦戦しました。無理矢理配線し、何とか換装できました。
IMG_0477

換装後、ターミナルからコマンドでどのように認識されている確認します。OKですね。PHY Mode: 802.11acで認識されています。

さぁ、それでは再度、回線速度を計測します!

無線LANで上り、下りともに300Mbps超えです。大満足です。
ただし、この改造により大切なMacbook Airが故障する危険性がありますのでマネする人は自己責任でお願いします。

以上、換装してみたレポートでした! 

パソコンが重いから様子を見てほしいと言われた時

ITサポート業務を行っていると、必ずと言っていいほど、「パソコンが重いんだけど、ちょっと見てもらえない?」という相談が来ます。そういう相談が来た時はタスクマネージャーを開き、プロセスのタブからどのプロセスがリソースを多く消費しているかを確認し、重くなる原因を探します。「何か最近、エラーメッセージとか出たりしていませんか?」という質問をして、出ていたということであれば、Event Logも確認するようにしています。大抵、Firefoxのタブを開きすぎていたり、Excelのファイル自体に問題があったりして、そのプロセスを停止すると重くなるのを防ぐことができます。場合によってはバックグラウンドでWindows Updateが走っていて、一時的に重くなる場合もあります。ただ、もう一歩突っ込んだことができないかな?と最近思っていたりして、使えそうだなと思ったものがあったので書き残しておこうと思います。

RictyをWindowsに入れてみる

Mac Book Airの内臓マイクが故障したため修理に出しました。
仕方なくWindowsで作業をすることになるのですが、やはりfontがイケてない…
開発用のfontと言えばRictyっしょ。ってことでWindowsに入れてみる。

Rictyは複数の等幅フォントと開発に適したチューニングを行ったものであるため配布ができないようだ。
自分で生成する必要がある。

Rictyの詳細は→ https://github.com/yascentur/Ricty/blob/master/README.md

Windowsマシンで作業してください。

最後の3行

を下記のとおりに書き換えて上書き保存

fontforge.batをダブルクリック実行してしばらく待つ
Rictyディレクトリの中に下記4つのfontが生成される。
・Ricty-Bold.ttf
・Ricty-Regular.ttf
・RictyDiscord-Bold.ttf
・RictyDiscord-Regular.ttf
あとは、これを

これでRictyを使えるようになったが、汚いのでgdippというものをinstallする

設定方法はこちらが詳しい→ http://align-centre.hatenablog.com/entry/2014/07/11/184500
gdippはinstallしたあと、再起動しないと反映されない。

Linuxの場合は、ターミナルを開いて下記のとおり順番にコマンドを実行(Cent OS, fedoraを想定)

Succeeded in generating Ricty!と表示され、Rictyディレクトリの中に下記4つのfontが生成される。
・Ricty-Bold.ttf
・Ricty-Regular.ttf
・RictyDiscord-Bold.ttf
・RictyDiscord-Regular.ttf
あとは、これをfontディレクトリーに入れるだけ。

Doctorに久しぶりに診てもらった

まぁ、なんというか、直しましょう。

YouTubeからAudioデータのみをダウンロードする

Homebrewでyoutube-dlをインストールする。

そして

それだけ。オプションは下記のとおり。いろいろやれる。

FYI youtube-dl Documentation

ちなみにニコニコ動画に関しては下記でDLできます。

[iframe src=”//www.slideshare.net/slideshow/embed_code/29236950″ width=”427″ height=”356″ frameborder=”0″ marginwidth=”0″ marginheight=”0″ scrolling=”no” style=”border:1px solid #CCC; border-width:1px; margin-bottom:5px; max-width: 100%;” allowfullscreen] [/iframe]

MacでBitcasa Infinite Driveが開けなくなった時の対処法

Windowsだとこの問題は発生しないのだが、Macだと何故だかBitcasa Infinite Driveをマウントできなくなってしまう。
そこでBitcasaのヘルプデスクに質問してみたところ、下記の手順で復旧できるとのこと。
実際に試してみたのだが、バッチリ!
マウントできなくて困っている方はぜひ、お試しください。

  • Click on the Bitcasa MenuTray icon

スクリーンショット 2014-09-04 12.04.19

  • Go to preferences

スクリーンショット 2014-09-04 11.55.44

  • Under the account tab
  • Choose the unlink this computer option

スクリーンショット 2014-09-04 11.56.45

  • Make sure that Bitcasa is completely exited

スクリーンショット 2014-09-04 12.23.01

  • Relaunch the app

スクリーンショット 2014-09-04 12.24.00

GPG 鍵の取得に失敗しました: [Errno 14] curl#37 – “Couldn’t open file /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-x86_64”

fedupでfedora19 から20にアップグレードしたところ、GPG鍵のエラーが出て、yumコマンドがまともに使えなくなっていました。
とりあえず、

とかして、しばらく放置して(ごまかして)いたのですが、流石によろしくないので直しました。

とすると、fedora-release-20-3.noarchと返って来たので

とやったら直りました。めでたし、めでたし

WindowsにおいてAFT HDDかどうかを見分ける方法

AFTとはAdvanced Format Technologyの略。HDDの一種。4K-HDDとも呼ぶらしい。
IT用語辞典e-Wordsによると、

ハードディスク製品の種類の一つで、従来より大きなサイズの物理セクタを採用したもの。セクタはディスクに記録するデータの最小単位で、長らく512バイトだったが、AFTでは8倍の4,096バイト(4KB/4KiB)のセクタを使用する。コンピュータで利用するにはBIOS/EFIやOSが対応している必要がある。

ハードディスクは使用前のフォーマット操作によってセクタ単位に細かく分割されるが、セクタとセクタの間には何も記録されない空白の領域ができるほか、セクタごとに誤り訂正符号(ECC)が付加されるため、セクタの数が多い(セクタあたりの容量が小さい)ほど、本来の記憶容量からのロスが大きくなる。近年はディスクの高記録密度化が進み、こうしたロスが無視できなくなってきたため、物理セクタ容量を4KBに拡張したAFTが登場した。

とのこと。

管理者権限でコマンドプロンプトを開き、 Fsutil fsinfo ntfsinfo c: とコマンドを打つ。

物理セクターあたりのバイト数が512であれば非AFT、4096であればAFTと思われる。
これで本当に見分けることができるのかはわからない。
どなたか、知っている方がみえたら、ぜひともコメントください。

Mac OSXをアップグレードしたら、プリンタが使えなくなった

Mac OSXをアップグレードするとプリンタが使えなくなって、その度にハマるのですが、
手っ取り早いソリューションをご紹介。

私の環境ですが、

OS OSX 10.9
プリンタ Canon MP600

となっております。

古い機種ですが、バリバリ現役です。
皆さんの中にもOSのアップグレードに伴い、プリンタが使えなくなったという方が
いらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方はぜひ、Gutenprint をお試しください。ダウンロードしてインストールするだけで
プリンタが使えるようになるかもしれません。

ぜひ、お試しください。

mysqlでcsvをインポートするためのコマンドライン

ブログをずっと放置していました。
ドメインを変更して画像やファイルへのリンクが全て切れていることにも気づいていませんでした。
絶対パス指定になっていたんですね。

一個、一個手でやっていたらキリが無いので、下記の手順でなおしてやろうと思いました。

1. phpMyAdminで記事のデータベースをcsvエクスポート
2. エクスポートしたcsvを開いてリンクのドメイン部分を一気に置換して上書き保存
3. phpMyAdminで上書き保存したcsvをインポート

だけど、なぜか失敗。(最初からcsvではなくsqlでエクスポートすれば良かった。。。)
で、phpMyAdminを使わずに直接mysqlコマンドでcsvをインポートしてやることにしました。
これも文字化けが発生したのですが、何とか下記の手順でうまくいったのでメモ。
ポイントは”set character_set_database=utf8″ですね。
utf8の場合は¥(円)と\(バックスラッシュ)が区別されるので注意。
macで\を入力するにはOption + ¥ です。
あと、今回は文字化けしたテーブルに上書きインポートしたかったので
“replace into table テーブル名” としましたが、テーブルが空ならばreplaceは書かなくても良いです。

DevQuiz 惨敗でしたorz

DevQuiz惨敗でとても凹んでいます。
まず、得点はまさかの70点。 スタートライン(100点)に到達できなかった(ToT)

では私の間違っている回答とかひどいソースを晒します。一人ゲームのやつは答え(最短手数)がマジで知りたいです。
おかしいところはバシバシご指摘頂けると幸いです。

まずはウォーミングアップクイズ。これはヒントとか書いてありましたし、一発で全問正解です。

次ぎにWeb Game。

これは日本語プログラミング言語なでしこを使って解きました。動画をご覧下さい。

なでしこのブラウザ要素クリック命令を使って総当り攻撃してクリアしました。
わかりやすいように1手1手の間にスリープをかましてあります。
実際には一瞬で次の問題へどんどん進む感じです。
ソースは19行です。
[text]
母艦を最大化
Browserとはブラウザ
そのURLは「http://gdd-2011-quiz-japan.appspot.com/webgame/problem」
そのレイアウトは全体
Browserのブラウザ読込待機

BrowserのEmailに「********@gmail.com」をブラウザINPUT値設定
BrowserのPasswdに「********」をブラウザINPUT値設定
BrowserのsignInをブラウザ要素クリック
2秒待つ
Browserのブラウザ読込待機
iを0から1023まで繰り返す
0.000001秒待つ
jを0から1023まで繰り返す
Browserの「card{i}」をブラウザ要素クリック
HTML=Browserの「card{i}」をブラウザHTML取得
HTMLをメモ記入
Browserの「card{j}」をブラウザ要素クリック

「完了」と言う
終了
[/text]

そして時間をアホのように費やしてしまった一人ゲーム。
とても悔しいんだけど、これは一番楽しかった。

何回やっても不正解をくらいました。
これが私の回答です。(間違っています)
[text]
2
5
8
4
1
1
16
1
1
2
4
20
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
7
11
15
15
15
15
14
15
21
21
12
21
16
21
21
13
14
21
21
21
21
15
8
14
21
8
11
10
21
13
15
21
14
13
16
13
21
8
13
12
1
5
9
11
7
7
1
6
6
17
1
3
3
1
21
21
16
16
16
6
21
21
21
10
9
6
10
21
[/text]

そして稚拙なソースです。