RictyをWindowsに入れてみる

Mac Book Airの内臓マイクが故障したため修理に出しました。
仕方なくWindowsで作業をすることになるのですが、やはりfontがイケてない…
開発用のfontと言えばRictyっしょ。ってことでWindowsに入れてみる。

Rictyは複数の等幅フォントと開発に適したチューニングを行ったものであるため配布ができないようだ。
自分で生成する必要がある。

Rictyの詳細は→ https://github.com/yascentur/Ricty/blob/master/README.md

Windowsマシンで作業してください。

最後の3行

を下記のとおりに書き換えて上書き保存

fontforge.batをダブルクリック実行してしばらく待つ
Rictyディレクトリの中に下記4つのfontが生成される。
・Ricty-Bold.ttf
・Ricty-Regular.ttf
・RictyDiscord-Bold.ttf
・RictyDiscord-Regular.ttf
あとは、これを

これでRictyを使えるようになったが、汚いのでgdippというものをinstallする

設定方法はこちらが詳しい→ http://align-centre.hatenablog.com/entry/2014/07/11/184500
gdippはinstallしたあと、再起動しないと反映されない。

Linuxの場合は、ターミナルを開いて下記のとおり順番にコマンドを実行(Cent OS, fedoraを想定)

Succeeded in generating Ricty!と表示され、Rictyディレクトリの中に下記4つのfontが生成される。
・Ricty-Bold.ttf
・Ricty-Regular.ttf
・RictyDiscord-Bold.ttf
・RictyDiscord-Regular.ttf
あとは、これをfontディレクトリーに入れるだけ。

YouTubeからAudioデータのみをダウンロードする

Homebrewでyoutube-dlをインストールする。

そして

それだけ。オプションは下記のとおり。いろいろやれる。

FYI youtube-dl Documentation

ちなみにニコニコ動画に関しては下記でDLできます。

MacでBitcasa Infinite Driveが開けなくなった時の対処法

Windowsだとこの問題は発生しないのだが、Macだと何故だかBitcasa Infinite Driveをマウントできなくなってしまう。
そこでBitcasaのヘルプデスクに質問してみたところ、下記の手順で復旧できるとのこと。
実際に試してみたのだが、バッチリ!
マウントできなくて困っている方はぜひ、お試しください。

  • Click on the Bitcasa MenuTray icon

スクリーンショット 2014-09-04 12.04.19

  • Go to preferences

スクリーンショット 2014-09-04 11.55.44

  • Under the account tab
  • Choose the unlink this computer option

スクリーンショット 2014-09-04 11.56.45

  • Make sure that Bitcasa is completely exited

スクリーンショット 2014-09-04 12.23.01

  • Relaunch the app

スクリーンショット 2014-09-04 12.24.00

GPG 鍵の取得に失敗しました: [Errno 14] curl#37 – “Couldn’t open file /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-x86_64”

fedupでfedora19 から20にアップグレードしたところ、GPG鍵のエラーが出て、yumコマンドがまともに使えなくなっていました。
とりあえず、

とかして、しばらく放置して(ごまかして)いたのですが、流石によろしくないので直しました。

とすると、fedora-release-20-3.noarchと返って来たので

とやったら直りました。めでたし、めでたし